コスモ タイムズ

映画、音楽、旅行、グルメ・・・

【パラサイト 半地下の家族】超面白い!!

画像

https://twitter.com/Parasite_JP

 

アカデミー賞で作品賞を含む4部門を受賞したことでも話題になった韓国映画

『パラサイト 半地下の家族』

 

めちゃめちゃ面白いです!!

 

少しでも気になっている方がいたら是非見るべきです!!

 

 

本作はポン・ジュノ監督が自らネタバレを強く禁止しています。

観るつもりがある方は、予告や映画の記事、下の公式動画ですら見ないことを

お薦めします。

私は前情報一切無しで、非常に楽しめました笑

 

www.youtube.com

 

 

 

・「対比」

この映画は様々な場面で「対比」がされています。

仮タイトルは「デカルコマニー」だったようで、

これは絵の具を紙に挟んで開き、偶然できる模様を作る技法のことです。

裕福な家族と貧しい家族の対比が、これでもかというほど表現されています。

階段や天気(光)、カメラアングル(貧乏な家族は上から下のカット)など

様々な描写があります。

各国で問題となっている貧富の差が、生々しく浮き彫りにされているのではないでしょうか。

 STILLCUT

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

 

 

・「計画」

”計画”というワードに注目して観るのも面白いと思います。

映画を観た方なら、この言葉がいかに重要であるか分かると思います。

この映画のラストを飾るセリフも”計画”というキーワードが使われていて、

物語が締めくくられます。

 STILLCUT

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

 

 
・「臭い」

こちらも非常に重要なキーワードです。

”一線を越える”あるシーンでも臭いが重要になってきます。

半地下で生活をする貧困な家族の、物理的な意味だけにとどまらない、

体に染みついた行動や言動をも表しています。

STILLCUT

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

 

 

・家族で観られるのか?

答えは「NO」です。

映画自体はPG12となっていて、親または保護者の助言があれば12歳未満の方でも鑑賞できるそうですが、決して子供向けではありません。

具体的なシーンは書けませんが、凄惨な場面もあります。(グロテスクというわけではないですが)

さらに、いやらしいシーンが妙に生々しいです笑

個人的にはR15指定でもよいのではないかと思います。

STILLCUT

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

・伏線や小ネタが多い!

1回見ただけでは気付けない伏線が多いです。

何回も観てしまいたくなります。

アメリカ文化(英語や製品)」

「インディアンが表現するもの」

「地下室の書籍」

「便所コオロギとゴキブリ」

竹島の歌、北朝鮮のキャスターの物真似」

PM2.5

「家政婦が二人分食べる」

「金持ち息子が描いた絵の本当の人物」(個人的にトラウマです)

上記の他にもまだまだありそうです。

 

エンディングの曲は、監督が作詞、主人公の俳優の方が歌っているそうです!

STILLCUT

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

 

 

コメディとシリアスのバランスが絶妙です。

久しぶりに衝撃的で面白い映画に出会いました。

観ようか迷っている方がいたら、鑑賞することを強くお薦めします!

絶対に後悔はしません

 STILLCUT

 https://movie.naver.com/movie/bi/mi/photoView.nhn?code=161967

 

 

 

 

 

 

『パラサイト 半地下の家族』(英題:Parasite)

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく──。

出演/ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
監督・共同脚本/ポン・ジュノ
撮影/ホン・ギョンピョ
音楽/チョン・ジェイル 
2019年/韓国/132 分/2.35:1/原題:Gisaengchung/PG-12

日本公開/2019年12月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開|2020年1月10日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
配給/ビターズ・エンド
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED